今回ご紹介するのは、如水庵のこの商品。如水庵は「じょすいあん」と読みます!

「筑紫もち(6個入り)」(税込720円)


画像の枚数がちょっと多いですが、貼り付けてきます😅

IMG_3227
IMG_3228
パッケージはこんな感じです✨

IMG_3230
梱包紙をはがしました。

IMG_3231
ふたをあけました。

IMG_3232
こんな感じで入っています。


片方をあけました。3個入ってます。

IMG_3234
こんな感じで包まれています✨

IMG_3235
開封しました!!左に見えるのは、食べるためのスティックです。右の「筑紫もち」と書いてあるのは、黒蜜が入っています😋

IMG_3236
黒蜜をかけていただきます。黄な粉がたっぷりかかっています☺️

IMG_3237
少し分かりにくいですが、もちは三切れ分になっています😁




食べた感想を簡単にメモ📝
  • 餅と黄な粉、黒砂糖の蜜がよくマッチする
  • 黄な粉の風味と口どけが絶妙
  • 餅はもちもちしてほどよく煉り上げられている

如水庵の「筑紫もち」は、国際的に権威のあるお菓子コンテスト「モンドセレクション」において、最高金賞を受賞している博多が誇る世界のお菓子です。如水庵は以下のように説明しています。
   
 –– 筑紫平野などの九州産の「ヒヨク米」をこだわりの水で、おいしく煉り上げた餅。希少な大豆(タマホワレ)を煎って皮をむき、香りと甘みを最大限に引き出した黄な粉の品格ある風味は格別です。お好みで黒砂糖の蜜をかけて召し上がりくださいませ。

私は黒砂糖の蜜をかけていつも食べています。程よく甘くなり、黄な粉と餅ととても良くマッチしてより一層美味しくいただくことができます。ちなみに、筑紫もちの黄な粉は、国内で0.5%しかとれない希少な大豆から生まれるものを使用しているとのことです。それ故、黄な粉にした時の香りと口どけが格別なのですね☺️


如水庵の歴史やお菓子作りに対するこだわりなど、公式HPで伺い知ることができます。そういうのを知った上でこの「筑紫もち」を食べると、より一層深く味わうことができるかもしれません😊

ー ー ー 

公式HP: