こんにちは!
デパ地下スイーツ評論家のつむぎです。

今回ご紹介するのは、グラマシーニューヨークの「クリオ・ブルー」です😊

「クリオ・ブルー」(税込648円)

IMG_4863
今回は、グラマシーニューヨークのスイーツのご紹介です🗽久々のグラマシーニューヨークです✨

IMG_4861
人気No2の「クリオ・ブルー」を購入しました✨とにかく見た目のインパクトが大で目立ちます。

IMG_4889
「クリオ・ブルー」を正面から撮った写真です🍫ナッツチョコレートの迫力に圧倒されます。中のチョコレートケーキが見えなくなるほどの大きさです。

IMG_4888
少し斜めから撮った写真です。中にはこのようにチョコレートケーキが挟まれています。

IMG_4885
一番上から、チョコのグラサージュ、ジュレ、チョコレートクリーム、スポンジ、チョコレートクリーム、スポンジ、といった構成です😊


食べた感想を簡単にメモ📝
  • ナッツチョコレートはゴツゴツ感があり、ボリュームたっぷり
  • ナッツチョコレートのナッツの風味と、ジュレのシナモン風味が全体に良いアクセントを与えてくれる
  • チョコのグラサージュとチョコレートクリームは濃厚でほろ苦い

今回は、グラマシーニューヨークの「クリオ・ブルー」のご紹介です。久々のグラマシーニューヨークでしたが、土日だったからか列が出来ていて私も並んでやっとのこと購入することが出来ました!

「クリオ・ブルー」ですが、初めて見るとビックリするくらいインパクトが強く、印象に残ります。

サイドのナッツチョコレートは、ゴツゴツしている感じが伝わるかと思いますが結構ボリュームがあります。チョコレートケーキと一緒にフォークですくって食べることは出来ないので、ナッツチョコレートとして一枚ずつ美味しくいただきました。とにかくナッツの風味が濃厚です。

中のチョコレートケーキは、ジュレのシナモン風味がかなり効いていて、口に残ったナッツの風味と合わさって、全体に良いアクセントを与えてくれます。チョコのグラサージュとチョコレートクリームはほろ苦く濃厚なショコラの味わいです。


最後に、素材について調べてみたので少しだけご紹介します!!

今回食べた「クリオブルー」では、クリオロチョコレートというチョコレートの品種が使用されています。クリオロ種とは、生産量が世界のカカオ生産量のたった5パーセント以下で、ベネズエラをはじめとした南米の数少ない国々で作られます。病気に弱く生産性は低いが最高級の風味を誇るそうです。

こちらのケーキ、大きいサイズもあるので、気になった方はぜひご家族やお友達と一緒に食べるのもおすすめです✨

貴重なクリオロ種のチョコレートを使った、グラマシーニューヨークの「クリオ・ブルー」のご紹介でした😊💕


ー ー ー 
公式HP:

食べログ: