今回ご紹介するのは、仙太郎のこの商品。今回は2つです。

「ぼた餅」(税込259円)

「黒豆大福」(税込237円)


IMG_3309
IMG_3314
大丸京都店に入っている「仙太郎」に初めてやってきました😊
IMG_3311
今回は人気No1の「ぼた餅」と、、、

IMG_3315
人気No2の「黒豆大福」をいただきます😋

FullSizeRender
ぼた餅の商品説明です。「青じそ」が入っているお餅を食べるのは初めてです!!


FullSizeRender
左が「黒豆大福」、右が「ぼた餅」です。なかなか重量感があります✨

IMG_3375
こちらは人気No1の「ぼた餅」の中身です。餅米がぎっしりつまっています✨

IMG_3376
こちらは人気No2の「黒豆大福」。こしあんがぎっしりつまっています。皮の表面に見えるのは、「黒豆」です✨



食べた感想を簡単にメモ📝

ぼた餅
  • 一つが大きい
  • 餅米がぎっしり
  • 甘さがしつこくなくちょうど良い甘さ
黒豆大福
  • こしあんがぎっしり
  • 黒豆の塩気とこしあんの甘みがよく合う
  • ボリュームたっぷり

今回は仙太郎の人気No1とNo2のお菓子をいただきました。感想はどちらも凄く美味しかったです。どちらも甘すぎず、ボリュームたっぷりで、そして美味しくとても満足できるお菓子でした。ぼた餅の中には、青じそが入っています。意外でしたが、これがさっぱりしていてとても良い感じになるのですね。一方、黒豆大福は黒豆の塩気がこしあんの甘さを引き立てる良い役割をしていました☺️

仙太郎は1886年に京都で創業された和菓子屋さん。取り扱う商品は和菓子が中心です。今回ご紹介したようなお餅や団子、最中などラインナップ豊富です😊

コンセプトとして「感性に訴えるよりも、まず機能を第一に」というのがあるようです。これはお菓子作りに置き換えると、つまり、「美しい」よりも「美味しい」を大切にするということです。ここで仙太郎が言う美味しいとは、体が欲しがる状態のことです。国産の原材料にこだわり、体にやさしく、美味しいお菓子を提供する仙太郎の想いがそこにあります💡


ー ー ー 

公式HP:仙太郎